本家ブログFacebookTwitterGoogle+mixiPinterest

Check
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Check
先日、外出先からの帰りの途中で、悲しい光景を目にしました・・・

私は、地下鉄から地下鉄への乗り継ぎの為、歩いていました。
少し前方には視覚障害の女性の方が杖をつきながら歩いていました。

誘導ブロックを探しながら歩いていたのですが、慣れていない道のようで、かなり大変そうな感じだったのです。
私と同じ地下鉄から地下鉄への乗り換えだと思うんだけど、かなり距離があるし階段&エスカレーター、坂&階段があります。

見ていて、ハラハラする感じだったので、一緒に行きませんかと声を掛けようかと思ったときに、私の前にいたおじさんが彼女に声をかけたのです。

スポンサーサイト

会社に行くときに乗り換えをするんだけど、今日はその改札付近に海外から団体ツアーで日本にきている感じ?のご年配の集団がいました。
改札をでたところにみんな集まっていたんだけど、一人切符を探している感じの方が自動改札前にいました。
ちょうど私が通過しようとした直前に切符が見つかって、自動改札を通ろうとしたんだけど、後ろに私がいるのを気がついて

「あっ、失礼(*^_^*) 
   どうぞお先に!(手をひろげて)」

な感じ。狭いところだったし、私も笑顔で

「ありがとう、でもお先にどうぞ(*^_^*)」と♪

笑顔を返してくれて、彼は先へ。

自動改札のところに液晶で文字がでてるところを何て書いてあるのか怪訝そうに見ていたので、
英語でも書いてあるけど、老眼鏡?(目が大きくみえるやつ)をかけていたから見えないのかな?って思って、

「Thank you!」って書いてあるの♪

と伝えると、「ああぁ(^_-)-☆」って反応。

かなりのご年配のおじいちゃまだったけど、笑顔も仕草も素敵~(*^_^*)
朝の苦痛な通勤ですが、癒されました♪

会社に行くときに、面白い?バスラッピング(バスのボディの広告)をみました。「秋のスイスへ行こう」?だったかな?

スイスっていうと、中学のときに勉強した「永世中立国」と「アルプスの少女ハイジ」(違ったっけ?)がうかんじゃう知識の乏しい私(ーー;)
でも、自然がとっても綺麗で、高齢者にやさしい国なイメージもあって一度いってみたい国のひとつでもあるんだ。
スイス連邦(Swiss Confederation)・・・外務省のHPより

私、スイスのベスト観光シーズンってしらなかったんだけど、初夏や秋といろいろ楽しめるんだね。

地球の歩き方Webマガジンに古い記事だけど

テーマでめぐるスイスの旅

というのが載っていたので、興味がある人は見てみてね♪

ヨーロッパ方面に旅行に行きたいなぁ~
でも、お金と時間がないと行けないから、今日も一生懸命?働きます。

Check
以前、『フランス人にナンパされたぁ!?』っていう記事を書いたことがあったので、別にナンパされたわけではないんだけど、シリーズっぽいタイトルにしてみました。

帰りの電車で乗り換えをするために歩いていたら、白いターバンに白い洋服を着た男の人が紙をみながら立ち止まっていました。
私は、その脇を通り抜けて、階段を下りました。
電車を待っていると、しばらくしてさっきの白いターバンの人が、紙を見ながら降りてきました。
そして、私の隣へ。

Check
昨日から、本日のランチというカテゴリで毎日お昼の写真をモブログ(携帯電話からメールで記事を投稿することね)しようと思ってたんだけど、3日坊主にもならなくって2日目で挫折。。
しかも、初日は写真取り忘れて、食べ終わった画像だったし(T_T)

でも、今日は、ちょっとした事件?があって写真を撮り損ねてしまったのよ・・・。

いつもは、何人かでご飯を食べに行くことが多いんだけど、今日は一人ランチでした。
蒸し暑いけど、曇り空だったからちょっと会社の回りを探索(新しい会社にきてまだ2週間ちょっとなの)。
駅から遠いうえに何にも無いんだよね・・・。
いつも行かない方に足をのばしたんだけど、本当に何もないの!!
あきらめかけた時に、コーヒーショップを発見。
そこで軽めのランチをすることに♪

何人か並んでたので、列の後ろにならんだら、私の前にアメリカ人?のおじさんがいました。
目があって、軽く微笑みかけられたので、つられて私もニコッ(*^_^*)

そのあと、

「英語しゃべれますか?」

って(英語でね!)聞かれたけど・・

私は即答、笑顔で

「ノー!」

お互い笑顔。。苦笑いかな(^^♪

そして、おそらく「一緒におしゃべりしましょうよ」的な言葉+αを言ってたっぽいんだけど、

笑顔で

「わかりません♪」光線
注文の順番がまわってきて、彼の注文終わって私が注文しているときに、彼は席につきました。
私も注文が終わって、振り返ると彼がこっちをみて笑っていました。

私も微笑みかえし会釈をして、隣のフロアの席へ座りました。
そしたら、彼が私の席へ来て「私の前の席に座ってもいい?」と・・
「どうぞ♪」と笑顔でこたえてみました。

実は私の英語力、小学生レベル以下なんです。。
しゃべりたい気持ちは、かなりレベル高いはずなんだけどなぁ・・・

でも、日本語通じなくてもわずかな単語とジェスチャーで、なんとかコミュニケーションをとることはできるのです(ーー;)
相手がゲーム感覚で理解しようと努力してくれる人に限るけど・・。

彼は、日本で1年くらい仕事をしていて、仕事場所は横浜で、家が私の仕事場所の近くらしい。
仕事は、通信関係。フランス人で日本語はあまりしゃべれないみたい。

ここからは、最近世の中こわいから、自分の身は自分で守らなくてはいけないので、私的こっそり観察情報。

結婚はしている(指輪をはめていた)

あやしい?ナンパではなく、日本語をしゃべれるようになりたいっぽい

以上・・・浅い観察だな(ーー;)

これから(昼から)仕事にいくらしく、名刺と電話番号をもらいました。
「また、会いましょう」といわれました(おそらく)。

仕事はどのくらいにおわるのかと聞かれたのですが、
本当は、仕事はじめたばかりだからほとんど残業ないんだけど
「毎日、残業で何時に終わるかその日にならないとわからない」と伝えてみました。

ほかにも何か言ってたっぽいんだけど、
「仕事がすっごい大変です。」
「あとはわかりません。」

というのを笑顔光線しました。

おそらく、家族がいるので遅い時間は無理そうな感じだったのでちょっと安心♪

ということで、
今度またランチするかもしれません(*^_^*)

彼は英語・私は日本語をお互いで教えましょうっていう話もしたので、次回があってもいいかも♪

久しぶりに英単語とジェスチャーを使っての会話は楽しかったな!!

私、学生時代は英語がすごく嫌いで苦手だったんだ(ーー;)
でも、海外旅行に行って以来、国や文化が違う人とコミュニケーションがとれる英語にすごく感動?して、しゃべれるようになりたいって思ったの。
仕事をしていく上で、英語を使う仕事じゃなくても、ちょっとしたことで使えたほうがいいなって感じることも多くって。
そこから私のぺらぺら英会話をめざした、空回り勉強?がはじまったの(ーー;)

まずはじめにやったのは、いろんな参考書を買いあさった・・・。
そして、洋楽を聴き始めた・・・。
そして、ネットで英語のラジオを聴き始めた・・・。

そして、その時雑誌でよく広告を見ていた、英会話の学習教材にも手をだしてみたの。
イングリッシュアドベンチャー
「家出のドリッピー」聞いたことないかな?


確か毎月、テキストと問題集、CDが送られてくるの。
(何年も前のことで忘れてしまった・・)

もちろん、真面目にやったかというと(ToT)気が向いた時にね。。。
っていうか、最初だけで、全然やらなかったな。。。

日常生活にまったく必要ないから何か決まったことがないとやらないなって思って、仕事にちょっと余裕ができたときに英会話に行ってみようって思ったの。
続くか続かないかわからないから、料金の支払い方法が月or1回単位がいいなって思ってたんだ。

いろいろ探して、株式会社GABAってところに決めたの。

今は、私がいってたときとシステムとは変わっちゃったみたいだけどね。。

年の近い韓国人の女性の先生。
ネイティブじゃないとイヤだっていう人もいるけど、私は英語でコミュニケーションができるようになればいいし、かえって第二外国語を学ぶポイントをわかっているかもって思うから、あんまり気にしないんだ。
それにちゃんと資格ももってる先生だしね(^_-)-☆
年はわたしの3つくらい上だったんだけど、すごく女性的でチャーミング、そしてほめ上手な先生♪
テキスト等を利用したり、日常生活、仕事について話をしたり、英会話の先生ってだけでなくお友達感覚ですごく楽しかった。
そこで感じたことは、週一回の英会話の時間を有効に活用するためには、単語力が必要だと。。。

そしてまた、いろんな参考書を買いあさった・・・。
(わかっているの。。参考書なんてどれも同じ!自分次第だと!!だけど、本屋にいくと買ってしまうの。。。)

週一回の英会話は、楽しくって(英会話のレッスンをしていたかというと疑問だけど。。)きちんと通ってはいたんだけど、私が努力をしないからまったくダメ。
そして、私はこの時とんでもないものを身につけてしまったの。

それは・・・

英語で通じなければ、わずかな英単語と相手が日本語がわからなくても日本語をつらぬき通してジェスチャーで伝えてしまうという技(ーー;)

前は、発音のわるい英語を自分の口から発するはずかしさと、文法間違って使って誰かに「バカ?」って思われるんじゃっていうはずかしさで、口にだすことも躊躇してたと思うんだ。
それを考えると進歩といえば進歩なんだけどね。。。。

そんな中、今までいっていた英会話スクールのシステムが変更っていうのと、先生が国に帰らなくてはいけなくなって、辞めたんだ。
自分の仕事も忙しくなって、英会話どころじゃなくなってたし。。。

でも、またまた仕事に余裕ができたときに、再び英会話に行こうかなって思ったの。やっぱり前回同様、プライベートで支払い方法が月or1回単位のところね!?

そうしたら、すっごいいい先生にめぐりあったんだぁ!!!


続く・・・



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。